TAKAHASHI LABORATORY 京都大学大学院情報学研究科システム科学専攻システム情報論講座情報システム分野 高橋研究コ 
JAPANESE
HOME MOBILE SITE JAPANESE ENGLISH
研究コからのお知らせ
研究内容
研究成果
研究コが関与する国際会議
学会・ミ会活動
メンバーリスト
研究コ活動
リンク集
所在地地図
お問い合せ
京都大学

研究コ活動


【研究室での研究の様子】
高橋研究室では各人が個別のテーマで研究を展開しています.これらの研究は,研究会・個別指導ゼミ・輪講によって,基礎理論の習得から最先端の情報システム研究までがサポートされています.

【研究会】
毎週水曜日4限に開催され,1回につき1名から2名の構成員が研究の進捗状況を報告し,問題点の克服に向けての活発な議論が行われています.

【個別ゼミ】
各構成員が教員と個別に研究の打ち合わせや関連する論文の精読などを行うことで,世界的に最先端でかつレベルの高い研究をサポートしています.

【輪講】
高度な理論に基づいた情報システム研究を行うため,輪講で基礎事項の復習から始まって最先端の理論の習得までをサポートしています.平成17年度前期では以下の輪講が行われています.

4回生前期:高橋 敬隆, 吉野 秀明, 山本 尚生, 戸田 彰, わかりやすい待ち行列システム-理論と実践, 電気情報通信学会, 2003.

M1前期:G.Latouche and V.Ramaswami, Introduction to Matrix Analytic Methods in Stochastic Modeling, ASA-SIAM series on statistics and applied probability, 1999.

その他前期:・ジェームズ・F・クロセ (著), キース・W・ロス (著), 岡田 博美(翻訳)インターネット技術のすべて:トップダウンアプローチによる実践ネットワーク技法,ピアソン・エデュケーション,2003.

COPYRIGHT2005(C)TAKAHASHI LABORATORY ALL RIGHTS RESERVED.